NEWS

一周年記念企画「外へとびだしたくなる!木のおもちゃ」

一周年記念企画として「外へとびだしたくなる」おもちゃをセレクトし、店頭とオンラインショップでのお取り扱いを始めました。

今回は、大阪の木のおもちゃメーカー"kiko+(キコ)"から、思わず外に持っておでかけしたくなるようなキュートで遊べるおもちゃを集めました。
お気に入りの絵本とピクニックラグ、おもちゃを持ったら、とびだす準備はオッケー!
楽器になるハンバーガーセットや、ロリポップキャンディのようなしゃぼん玉、見える世界がキラキラと変わるカメラ、ゲームのような懐かしいわっかのウォータートイ・・・
どれも、この夏の思い出にプラスしてほしいアイテムです。
ぜひご覧ください。

【kiko+】
kiko+(キコ)は、ブランドプロデューサー・Kaz Shiomiを中心に、外部のプロダクトデザイナーとのコラボレーションでビビットな色使いと楽しいカタチの木のおもちゃをプロデュースするブランド。2011年1月にフランス・パリで開催された国際的に注目されている展示会「メゾン・エ・オブジェ」でデビューしました。

『もりとこども・こどもとあそび・あそびとart』をテーマに、世界中の子どもたちに向けた木のおもちゃを展開しているkiko+ブランドのおもちゃは、世界最大規模の標準化団体・ASTM Internationalの安全基準「ASTM」や、ヨーロッパの安全基準・Conformite Europeenneの安全基準「CE EN71」など、世界的な玩具安全基準をクリアしています。